菊桐中棗 鵬雲斎大宗匠箱 四代近左造

菊桐中棗 鵬雲斎大宗匠箱 四代近左造

¥423,500価格

胴径約6.8㎝ 高さ約6.7㎝

 

菊桐蒔絵は、織豊時代に盛んに行われた蒔絵文様の一種。秋草蒔絵に菊桐を定紋化して散らしたものや、菊の絵蒔絵の花の部分を定紋化したものが多い。江戸時代以後、菊桐紋だけがいっそう形式化され、炉縁や棗の蒔絵装飾に用いられるようになった。

鵬雲斎大宗匠の箱書有。大阪の蒔絵師、川端近左の四代目の作。

  • ご注文時の注意

    ※商品へのお問い合せはお気軽に各店舗へどうぞ!
    ・京都店 075-431-1366
    ・東京店 03-5261-4566
    ・札幌店 011-281-4566

    ※電話が繋がらない場合はお問い合わせフォームからお問い合わせください。
    ※直接お届希望をされるお客様は、ご注文前に店舗へお問い合せ願います。
     日程調整など含めてご相談させていただきます。