top of page
(摸)大名物 槍の鞘茶入(仕覆:金剛切)

(摸)大名物 槍の鞘茶入(仕覆:金剛切)

¥30,800価格

名物目利聞書には太閤銘とし、雲州松平家本名物茶入記には利休銘とす。要するに茶入の形状細長くして、恰も槍の鞘に似たるを以て名つけしなるべし。

元、豊臣秀吉所持にして、石川備前守に伝はり其後、石川宗雲其子石川自安に伝はり、四代藤右衛の時、京都井筒屋こと河井十左衛門休貞に譲輿せり、後三井八郎右衛門、其後、松平不昧公有なる。

松平不昧公が豊富なる所蔵茶入中、漢に於ては油屋肩衝、和に於ては槍の鞘を以て、両大関と誇りたるも、決して偶然に非ざるなり。

                   (大正名器鑑所載より)

 

仕覆:  金剛切

緒つがり:紫

 

寸法:口径6.0㎝×口径3.5㎝×高さ10.2㎝

木箱入

bottom of page