top of page
寺岡多佳筆 短冊 節分

寺岡多佳筆 短冊 節分

¥5,830価格

浪華の女流画家、寺岡多佳先生に描いていただいた短冊です。

 

節分は「季節を分ける」ことを意味して、江戸時代以降立春の前日を指します。

 

一般的に「鬼は外 福は内」と声を出しながら福豆をまいて、厄除けに年齢の数だけ豆を食べます。また、玄関に厄除けの柊鰯を飾ります。

 

豆まきが行われるようになったのは室町時代頃からで、豆は「穀物には生命力と魔よけの呪力が備わっている」という信仰や、「魔目」「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることで邪気を払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

 

邪気払いに福豆の絵を飾ってみるのはいかがですか。

 

bottom of page